会社で中堅社員と呼ばれるようになる20代後半。後輩の育成を任されたり、責任ある仕事を任されたりと、仕事のやりがいが増してくる時期ですよね。しかしその反面、30代を目前にしてこのままで大丈夫なんだろうか?というキャリアに対する悩みが出てくるのもこの時期です。女性の場合は結婚や出産のライフイベントがキャリアに与える影響は大きいため、悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

アラサー女性ならではのキャリアの悩み

20代も後半にさしかかると、今後のキャリアについて悩みますよね。私も20代後半はいろいろと悩みを抱えていました。

35歳を過ぎると転職がしにくいため、30代を目前に悩むのは男性も同じだと思いますが、女性の場合は結婚や出産、育児がキャリア形成にも大きな影響を与えるので、男性とはまた違った悩みがあります。先輩や上司にロールモデルとなる女性がいれば相談することもできますが、男性ばかりの職場だとそれも難しいですよね。

 

特に転職を考えている場合、同じ会社の人には相談しにくいのでかなりデリケートな問題。

何も気にせずに、自分の気持ちに従って転職してしまいたいのは山々ですが、結婚している女性の場合は「転職してすぐは出産しにくいな~」という葛藤がありますし、育児中だと「小さい子どもがいたら転職しにくいのでは?」という不安もあるでしょう。

 

結婚や出産を抜きにしても、30歳という節目を目前にすると「このまま、いまの働き方をしていていいのかな?」と考えを巡らせる人は多いです。これは今の会社に対して大きな不満はない場合でも、1度は考えてしまうこと。

 

この記事を読んでいるということは、あなたも

――今のうちに転職してキャリアアップすべき?

――それとも今の会社で頑張る?

――独立したほうがいい?

など、色々なキャリアの可能性を考えてはモヤモヤした気持ちになっているのではないでしょうか?

 

出産で働き方がガラリと変わり「転職」を考えた28歳の私

わたしも20代後半で、同じようにキャリアについて悩みに悩んだ一人です。

 

どんな状況だったのかというと

  • 会社初の産休・育休取得者で、子育てしながら働く女性第一号
  • ロールモデルがいないので誰にも相談できずストレスマックス
  • 残業はできないのでサポート的な立ち位置が増える
  • 子どもの病気で休みがちになり罪悪感でいっぱいに
  • バリバリ働く男性同期がどんどん成果を上げていくのを見て焦りを感じる

といった感じです。

 

会社は規模が小さかったこともあり、これまで子育てをしながら働いていた女性のロールモデルが無く、誰にも相談できずにかなりストレスマックスな状態でした。結婚して子供がいる男性社員はたくさんいましたが、保育園のお迎えや、残業ができるかどうか、お客さんとのイベントへの参加のしやすさを考えると、同じ子育て中の親といっても抱えている悩みは男女で違うもの。

 

最近では育休をとる男性や、子どものために仕事を休んだり残業を制限する男性も増えてきていますが、それでもまだまだ女性が担う育児・家事の比率は大きいです。

 

子どもの夜泣きで寝不足は続くし、保育園のお迎えがあるから残業はできない。飲み会や接待なんて夢のまた夢で、子どもが熱を出したら休み、保育園から連絡が来たら早退。こなせる仕事の量は他の人に比べて少ないので、責任ある仕事よりも誰かのサポートに回ることが多くなる。出産・育児で1年以上ののブランクができ、同期の男性社員はどんどん成果をあげて責任ある仕事を任されていきます。

 

もっと仕事に打ち込みたいと思う気持ちはありつつも、子どもとの時間ももっと大事にしたい…

そんな思いをかかえながら育休明けから1年がたったとき、ふと私の頭によぎったのが「私って、なんで働いているんだっけ?」という漠然とした思い。

 

家事や育児も中途半端。仕事も誰かのサポートばかりでやりがいが感じられない…

そして、かねてからずっとやりたかった仕事(自分の専門とは全然違うもの)からは程遠い生活が続いていて、このままではいけない!」という危機感を強く感じました。

 

結婚前は「ゆくゆくはこんなことできたらな~」と気楽に考えていたのですが、子育てしていたらあっという間に30代。きっとこのまま流されていたら、何も変わらずに40代になってしまう…と思ったのです。

 

「子どもが大きくなるまでの辛抱…」と思っていましたが、1年経っても、2年経っても子育ては大変なことの連続。聞けば、小学校に入ったら今度は小1の壁なるものが待っているらしいではないですか。たった1年ですら働く意味を見出せなくなってしまった私は、子どもが大きくなるまでなんて待ってたられない!と思い、私はその会社を辞める決心をしました

そして、いままでとは全く畑違いかつ、社員数も10倍近く違う大きな会社に転職することになったのです。

 

育休があけて1年、息子2歳、私28歳のときでした。

 

でも、転職してみて分かったのは、私が抱える悩みは会社という環境によるものではなかったということです

転職した会社はロールモデルになる子育て中の女性社員もたくさんいて、女性が休みを取りやすく、それでも責任ある仕事を任せてくれるという理想的な企業風土でしたが、そこでもまた私はキャリアに対する悩みにぶち当たります。

 

つまり、勤めている場所が悪いのではなく、自分自身が先の見えないキャリアに振り回されているだけだったのです。

意を決して転職したのに、またもやモヤモヤとした悩みを抱える私は、ある1冊の本に出合いました。

 

働く女性28歳からの仕事のルール

まさに28歳、キャリアについて悶々と悩んでいた私は、タイトルを見た瞬間、この本を手に取っていました。

  • タイトル:働く女性28歳からの仕事のルール
  • 著者:田島弓子
  • 出版社:すばる舎

こちらはマイクロソフトで営業部長をしていた田島弓子さんが自身の経験を元に書かれた本で、昔から「マイクロソフトで働きたいな~」という憧れがあったというのも興味をそそられた理由の一つ。

 

実際に読んでみると、ビジネス書でよく見かける内容もありますが、女性である筆者の経験を交えて書いているので、とてもイメージしやすいというのが最大の魅力です

 

ただのノウハウ本で終わらず、筆者が過去に悩んだこと、失敗したこと、そしてその都度何を考えて今のキャリアにつなげたのか。その過程を知ることで、有名企業で管理職をしている女性も、自分と同じような悩みを抱えているんだなということがよく分かります。

 

先の見えない「モヤモヤ」を「ワクワク」へ

本書の帯に書かれている先の見えない「モヤモヤ」を「ワクワク」へという言葉が私はとても好きです。プロローグでも触れられていますが、「このままでいいのかな?」という悩みは、まさに私がいつも感じていることだったので、このモヤモヤとどう付き合っていったらいいのか?という悩みと向き合ういいきっかけになりました。

『働く女性28歳からの仕事のルール』はこんな本
  • プロローグ 「このままでいいのかな?」と悩むあなたへ
    • ずっと働いてきたからこそ出てくる「不安」や「焦り」
  • PART① 私たちの「キャリアのリアル」を知ろう
    • キャリアは「つくる」のではなく「つくられる」もの
  • PART② 一人前のビジネスウーマンになる!6つの具体策
    • 仕事は「なにを」やるかではなく「どう」やるか
  • PART③ 日常のストレスに負けない!メンタルマネジメント術
    • 「心」の状態が上がると「行動」の質も上がる
  • PART④ 自分スタイルでいい!女性は次世代のマネージャー向き
    • 必要なのは「リーダーシップ」ではなく「マネージャーシップ」
  • エピローグ 幸せに働こう!仕事は幸せな人生の1ピース
    • 「ワークライフバランス」とは「心のバランス」のこと

これは『働く女性28歳からの仕事のルール』の目次ですが、これを読んで分かるように今の状況をどうやって変えるのかではなく「今の状況の受け止め方を変えること」に焦点が当てられています。

もちろん具体的にどうしたらいいかも語られていますが、全体的にマインド面が大部分を占めています。環境を変えても悩みが消えなかった私にはとてもぴったりの内容でした。

 

『ロールモデルがいない』と悩んでいる人に寄り添う本

私が転職を決意したのは、前の会社での先行きの見えなさからでした。何が不安だったかというと、私が勤めていた会社では出産後に復帰した女性の前例がなく、ロールモデルになる先輩社員がいなかったのです

「子どものお迎えがあるからお客さんとの接待には参加できない…でも、男性の先輩は結婚して子どもがいても普通に参加している。男性の先輩と同じようにはできないし、これから先私はどうやっていけばいいんだ?」という悩みを抱えていたんですよね。

 

そういった悩みから、もっと女性社員が多い会社に転職すればいいと思って転職先の企業を選んだのですが、転職してみて気づいたのは、ロールモデルなんてものはないということ

 

同じ女性社員でも、キャリアの進み方は人それぞれ。言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、転職する前の私はロールモデルさえいれば安心できると思っていたんです。

でも、転職してみて気づいたのは、女性社員が100人いれば100通りのキャリアがあるということ。自分が何をやりたいか、自分が今後どうしていきたいかによって悩みも、対策も違ってくるものなんですよね

 

きっと男性社員もそれは一緒で、昇進したい人、昇進はせずに縁の下の力持ちになりたい人、起業したい人など、その人の進みたい道は違います。

 

転職しても消えないキャリアへの不安に自分でも薄々気付いていたのですが、それを言葉にして明確に気づかせてくれたのが本書です。育児中の女性はもちろん、今後、結婚・出産を見据えている女性は知っておいて損はない内容と言えるでしょう

 

『昇進を素直に喜べない』のは女性特有の悩み

転職してからの私の大きな悩みが上司からの期待でした。「育児しながらでも、部長職を目指してほしい」という将来を見据えた話をされたときに私が感じたのは「評価されてうれしい」ではなく、「そんなこと言われても、私なんかにできるはずがないよ…」というプレッシャーでした。

 

なんといっても、上司たちはとても素晴らしくできる人ばかりで、いくら頑張っても私がそこまでできるようになるとは思えなかったのです。つまり周りの評価と自分の評価のギャップが大きな悩みだったわけです。

 

ちなみに、皆さんは昇進を素直に喜べる派ですか?それとも私と一緒で考えこんでしまうタイプ?

私と同じように、認められて嬉しいはずなのに「はい、やります!」と力強く答えられず悩んでいる女性は、

なぜ、すぐに「やりたい」と言えないのか?
どこまでできるようになったら昇進を受け入れられるのか?

という内容にも本書に書かれているので、ぜひ読んでみてください。

 

現在進行形で昇進を打診されて悩んでいる女性、そろそろ昇進する時期だけどなんだか自信も持てない女性は一読の価値ありの本だと思います

 

実は本書の著者も同じように悩んだ経験があり、そのときのエピソードも詳しく書かれています。この本を読んで初めて知ったのですが、こういった「女性の自信のなさ」は日本に限ったことではなく世界共通なようです。どんなに成功していたとしても、自信が持てずに悩む女性は多いのだとか。

 

男性は昇進と聞くと喜ぶのに、女性は嬉しい反面、不安を持ってしまう。そんな疑問をもう少し深く知りたいという人はコチラ👇の本もおすすめです。

 

モヤモヤするのは当たり前

著者も本書の中で書いていますが、モヤモヤと悩んでしまうのは当然です。私も転職したらこのモヤモヤとはさよならできると思っていました。

でも、キャリアというものは続いていくものです。その時々で悩みが出てくるのは当然ですよね。仕事を続けていくのであれば、ずっと付き合っていく必要があることです。そういった悩みと向き合っていくための秘訣を知りたい人にはとてもおすすめの本なので、ぜひ読んでみて下さい。

 

もしも今の会社でいいのか迷いがあるなら・・・

ずっとモヤモヤした状態で、悩み続けているなら、一度転職活動をしてみるというのも一つの選択肢です。なぜかというと、転職活動をしてみると、色々なものが見えてくるから。

  • 自分の市場価値
  • 今の会社の良いところ、悪いところ
  • 今後のキャリアプラン

ずっと同じ会社に勤めていると、他の会社がどうなのか?自分の能力は他の会社でも評価してもらえるレベルなのか?というのはなかなか判断しにくいですよね。

 

一旦、転職するつもりで他の会社を調べることで、実は今の会社の条件はすごく良かったなんてことに気付いたりもします。迷ってばかりで中々糸口が見えないときは、行動してみると見方も変わるもの。

そのまま、本当に転職したいな…と思えるのであれば、それは転職時かもしれません。転職活動を本格化するときは転職サイトだけでなく転職エージェントに登録すると、自分では気づけないことをアドバイスしてもらえるので客観的な意見を聞くことができておすすめ。

働く女性専用のサイトや、女性の転職に詳しい女性コンサルタントがいるところもあるので上手に活用しましょう。

女性のための転職支援サービス(無料)

 

 

その後のわたし

さてさて、現在32歳になった私です。

キャリアに悩んでいた28歳のころから4年が経ちました。その後どうなったかというと、会社を辞めてフリーランスになりました(;^ω^)

 

現在は在宅でやりたいことをやってます。主な収入は

  • ブログからの広告収入
  • 企業ホームページでの記事執筆(IT系コラム)
  • Webデザイン(ランディングページなどの制作)

です。企業で働いていたときに比べ、収入は半減しましたが「子どもの熱が出たときに何もきにせず休む自由」を手に入れました。

そして、ずっとやりたかったWebデザインを勉強しながら、少しずつですがお仕事もいただけるようになっています。

 

28歳の私は「どの会社で働くか」という固定観念に縛られていましたが、いろいろなことがあり、本当に自分がやりたいことって何?」という疑問に正面から向き合った結果、会社をやめて自宅で働くという選択をしました。ただ、この選択ができたのは、最初の会社を辞めた経験や、転職して別の会社で働いた経験があったからこそ。いろいろと試してみることで、自分にとってのキャリアって何?ということに向き合うことができたと思っています。

 

まさに、キャリアは続くものだし、人それぞれ。会社で働く人もいれば、そうでない人もいる。私のロールモデルは私自身です。

 

今まさに悩みの渦の中にいる人は、ぜひ自分のやりたいことと正面から向き合ってみてください(^^♪

 

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!