赤ちゃんが産まれた友達や親せき、同僚に出産祝いを贈りたい!でも、どんなものが喜ばれるんだろう…いつ渡すべき?と悩んでいる人に、出産経験者がもらって嬉しかったもの、もらったら嬉しいものを中心におすすめのプレゼントを集めました。渡す時期や、訪問する場合のマナーもご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

※出産前に妊婦さんにプレゼントする場合はコチラ

出産祝いを贈る時期はいつ?渡し方やマナーは?

出産祝いを贈る場合、何を贈るかだけでなく贈る時期や、渡し方マナーも大事です。出産を終えたばかりのママは体力を消耗していますし、新生児のうちは第一子だろうが、第二子だろうが、大変なものです。ということで、プレゼントを気持ちよく受け取ってもらうために配慮したい3つのことをご紹介します(*^-^*)

①時期編:新生児期のうちにあげるのが一般的

出産祝いは新生児のうちに

基本的に出産のお祝いは産後1ヶ月までの新生児期に渡すのが一般的。いろいろな事情を考慮すると、産後2週間~3週間のうちに出産祝いを贈るのがベストです

 

赤ちゃんが産まれて、7日目に「お七夜(おしちや)」、1ヶ月ころに「お宮参り」があるため、その時期に合わせて贈るという風習はありますが、産後1週間は赤ちゃんが産まれたばかりでママも入院中だったり、ご家族もお見舞いや手続きなどで慌ただしい時期💦

 

あまり風習にはこだわらず、相手のことを考えて贈るほうが喜ばれます。産後1ヶ月たったころには出産祝いのお返し(内祝い)を贈る準備を始めるため、それまでにはお渡ししたいものですね。

 

②渡し方編:親しい間柄でも訪問するのは気を使って

出産祝いの訪問はなるべく遠慮

出産祝いを直接渡したい!赤ちゃんを見たい!という気持ちはあると思いますが、産後1ヶ月はママも疲れ切っているのでなるべく遠慮するのがベター。

私自身、どんなに近しい人だとしても産後でボロボロの体で相手をする余裕はあまりなかったですし、ノーメイク、パジャマ姿を見られるのは抵抗がありました。退院してからも、赤ちゃんのことで精いっぱいで家のなかはぐちゃぐちゃでしたし、やはり訪問されるというのは純粋に喜ぶことができない微妙な時期…。

 

昔からの親友で、すっぴんも部屋の汚さもお互いに了承済み!という場合はOKですが、

  • 会社の同僚
  • 遠縁の親戚
  • 旦那さんの友人・知人

の場合は訪問するのではなく、旦那さんに渡したり郵送するのがおすすめです。

 

③マナー編:予算の相場や熨斗の書き方

出産祝いの予算・熨斗

贈るプレゼントの予算ですが、相場は以下の通りです。

  • 友人・知人:3,000円~5,000円
  • 同僚・上司・部下:3,000円~5,000円(連名の場合は~1万円の場合も)
  • 親戚(自分が~30代):5,000円
  • 親戚(自分が40代~):5,000円~1万円
  • 兄弟姉妹:1万円~3万円

 

出産祝いのプレゼントを贈る場合は熨斗付きで贈ります。熨斗は紅白の蝶結びで表書きは、なるべく4文字は避け「御祝」か「御出産御祝」、「御安産御祝」にしておきましょう。贈り主の名前を書く時は苗字のみにするのが一般的です。

熨斗への贈り主の書き方
  • 3名までなら一番格上(年長)の人を中央にし左へ順に書く。友人同士なら50音順
  • 4名以上なら代表者名と「団体名」+「一同」。団体名がなければ「外一同」
  • 夫婦の場合は夫のフルネームの左に妻の名前

 

マナーに自信がない…という人は、こういった一冊を持っていると色々な場面で役立つのでおすすめです👇

 

もらって困るプレゼント・あまり使わないものを知っておこう

出産祝いというとベビーグッズなら何でもいいような気がしてしまいますが、

  1. サイズの合わない服・オムツ
  2. ファーストシューズ
  3. 高級すぎるスタイ
  4. ミトン・帽子
  5. メジャーな絵本
  6. ベビー食器

など「もらっても使えなかった…」というケースがあります。

 

サイズの合わない服・オムツ

特に気を付けたいのがサイズで、生まれたばかりだからと新生児サイズの服やオムツを選びたくなってしまいますが、赤ちゃんの成長度合いによってはすぐにサイズアウトして使えないことがあるので新生児サイズは避けるのがベター💦

なので、オムツケーキを贈る場合も新生児サイズではなくSサイズにする、服も70cm~80cmサイズにしておくと安心です。ただ、大き目サイズの服を贈るときはその服を着るときの季節も気にしておくとベター。70cmサイズなら生後3ヶ月~半年で着られるサイズなので、夏生まれなら秋・冬に着られるもの。春先に生まれたのなら、夏・秋に着られるものといった感じで選ぶようにしましょう。

 

ファーストシューズ

出産祝いでよく見かけるのが赤ちゃんの可愛らしい靴。ただ、このサイズが小さすぎると結局履かずに終わってしまうんです💦赤ちゃんが歩き始める時期は成長の度合いによって違うため、ファーストシューズのサイズはそのときになってみないと分からないのでプレゼントとしては難しいアイテム。

もし靴をあげるのであればファーストシューズではなくセカンドシューズで13cm以上のものがおすすめです。※ファーストシューズでも13.5cmまで取り扱いがありますが、セカンドのほうが長い期間履けるのでおすすめです。

 

  • ファーストシューズ:履き始めて3ヶ月くらいでセカンドシューズに切り替え
  • セカンドシューズ:1歳半~3歳くらいまでは履ける

 

高級すぎるスタイ

高級でおしゃれなスタイは自分ではあまり買わないため喜ばれるものの、素材によってはヨダレを全く吸わなかったり、洗濯したらシワくちゃになって無残な姿になってしまった…という体験談も多数あります💦高級なものを選ぶときは付けやすさ使いやすさも重視しましょう。

 

ミトン

赤ちゃんというとミトンのイメージがありますが、残念ながら意外と使いません💦顔をひっかくクセのある赤ちゃんだったり、湿疹・アトピーがあれば使いますが、そうでなければ出番がないので必要に応じてご家族が用意するものと考えたほうがいいでしょう。

 

メジャーな絵本

絵本は喜ばれるプレゼントの一つですが、0歳から読み聞かせをする場合にメジャー(人気)な絵本は、他の人とプレゼントが被ってしまい、同じ絵本が2冊、3冊とある…というケースも。絵本を贈る場合はマイナーなところで選ぶと良いかもしれませんね。

 

ベビー食器

ベビー用の食器はすでに買いそろえている場合があるので、もし可能ならお祝いを贈る前に聞いてみるのが確実です。

 

では、実際に喜ばれるプレゼントをご紹介していきます✨

出産祝いで喜ばれるプレゼント

オムツケーキ

オムツケーキは出産祝いの定番!価格も~5,000円のものから、1万円以上のものまで幅があるので選びやすいです。

オモチャとセットになっているものや洋服とセットになっているものもあるのでバリエーションが豊か(*^-^*)

 

オムツケーキを贈るときは月齢ぴったりのサイズではなく、ワンサイズ大き目にすると少し成長してからでも使えるのでGood!可能であれば、よく使うオムツメーカーをそれとなくリサーチしておくとより喜ばれます✨

オムツケーキを選ぶならベルビーベベ

 

スタイ

スタイは生後2~3ヶ月から使いはじめ、2歳、3歳までは使うアイテムなので何枚あっても嬉しいアイテム。出産祝いの定番です。スタイを贈る場合は普段使いというよりも、お出かけに使えるちょっとおしゃれなものが人気ですね。

中でも、360度カバーできてデザイン性が高いMARLMARL(マールマール)のスタイは出産祝いとして人気のアイテム。

ポップなデザインから、おめかしにぴったりな付け襟タイプまで✨アルファベットでの名入れもできますが、最近は個人情報の問題で人目につく場所に名前を入れるのを避ける方が多いため、スタイへの名入れは避けたほうがベターです。

 

 

ベビー服

ベビー服も出産祝いの定番ですが、贈る場合はワンシーズン後の季節、サイズ感で選びましょう。また、もらう側の趣味もあるので、あまりにも奇抜なデザインも避けたほうが無難💦

贈る時期にもよりますが、ベビー服を贈る場合は70~80cmサイズがおすすめです。サイズと月齢の目安は大体以下の通り👇

  • 70cm:生後半年~1歳くらい
  • 80cm:1歳前後~1歳半くらい

生後半年以降に着ることを想定して購入するなら、上下別のセパレートタイプがおすすめ。生後半年以降もロンパースやカバーオールを着せる人は多いですが、お出かけのときはちょっとおしゃれして上下別のことが多いです。

自分では買わないようなちょっと高いブランド、質にこだわったオーガニックコットン製などが喜ばれます。

着心地や品質にこだわっていて、シンプルかつおしゃれなのがフランスの子ども服メーカー、プチバトー。出産祝いでもらうと嬉しいということで、最近かなり人気です。

 

オーガニックコットンを使っているブランドでは、すべて自社工場で一つ一つ丁寧に縫製しているHaruulalaもおすすめ👇

スタイとボトムでお揃いの柄なので、手持ちのトップスとも合わせやすいというのがいいですよね!ギフトボックスはお洋服と同じ柄なので、それもおしゃれです。

男の子用と女の子用で柄がいくつか用意されているので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

無難にシンプルで質の良いベビー服を贈りたい場合はミキハウスがおすすめですよ(*^-^*)

 

肌着セット

直接肌に触れる肌着は素材にこだわりたい…でも何枚も買うのはちょっと予算が…というママは多いので上質な肌着セットも喜ばれます。こちらもベビー服と同様、少し先のサイズ感で選ぶのがおすすめ。ジャストサイズのものはすでに買いそろえているため、これからサイズアウトしたときに着られるものが喜ばれます(^^)

肌着セットは生後半年以降を見越して買うならボディタイプの肌着を選びましょう👇

 

先ほどベビー服でもおすすめしたプチバトーは、コットン100%かつおしゃれな肌着もそろうので、肌着を贈る場合にもおすすめです。

 

タオルセット・ガーゼセット

相手の趣味が分からないし、ベビー服やスタイはどれを選んでいいか分からない…という人は、タオルガーゼセットを贈ってみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんがいると、タオルやガーゼは数があっても困らないもの。自分では買わないような上質なタオルやガーゼなら喜ばれるはず(^^)

今治タオルを豊富に取り扱う「伊織」はベビー用のギフトセットも扱っているので、出産祝い選びにおすすめです✨

 

 

ベビー用バスローブ

自分ではなかなか買わないけれど、あると便利なのがベビー用のバスローブ。お風呂上りにサッと赤ちゃんにかぶせておけば湯冷めも防止できて重宝するアイテムです。サイズを気にする必要もないので、贈る側も選びやすいですね(*^-^*)

種類は

  • ポンチョ(そでなし)
  • ガウン(そであり)

の2種類ありますが、どちらもそれぞれ使いやすさがあるためどちらの形がいいか迷ったら、素材やデザインで選んでもOK。

個人的にはポンチョタイプのほうが着せやすくて、少しサイズアウトしても被せることができたので子どもが3歳くらいまで長く使えて良かったです。

オーガニックコットンのバスローブなら、オーガニカリーが選びやすいです(^^)他にもオーガニックコットンのベビー服などもそろっているので、素材にこだわった出産祝いを贈りたい人はぜひチェックしてみてください。

 

ごっつん防止リュック

AmazonのCMで一躍知られるようになった『ごっつん防止リュック』。腰が据わり自分でお座りできるようになる生後6ヶ月以降に活躍するアイテムです。頭が重い赤ちゃんはふとした拍子に、後ろへ転びがち。そのたびに、床へ頭をぶつけるのを防止するリュックは、見た目の可愛さも確保しつつしっかりガードできるので、出産祝いにぴったりです💕

 

おくるみ・ブランケット

おくるみはバスタオルで代用しているというママも多く、自分では購入していない場合があるので贈り物にぴったり。すでに持っている場合も、洗い替えとして何枚かあっていいものなので喜ばれます。

おくるみは厚手のアフガン、薄手のガーゼ素材のものなどがありますが、アフガンは結局のところ赤ちゃんをくるむというより、お昼寝やお散歩時の掛布団として使うことが多くなりがちなので、『おくるみ』として贈るなら薄手で赤ちゃんをギュッとくるめる素材のものにしましょう

ママたちの間で圧倒的な人気なのが、『aden + anais(エイデンアンドアネイ)』のおくるみ👇

イギリスのウィリアム王子とキャサリン妃が使っていたことで一躍人気になったアイテムです。モスリンコットン100%なので、赤ちゃんの敏感なお肌にも優しい肌触り(^^)2枚入りで4,000円前後なので、ご友人や同僚への出産祝いにぴったりですね。

他にも、モノトーン柄で人気の『Modern Burlap(モダンバーラップ)』👇

 

ハワイ発で人気急上昇中の『CocoMoon(ココムーン)』👇

 

英国王室御用達の『G.H.HURT & SON(ジーエイチハートアンドサン)』のおくるみ👇赤ちゃんもおめかししたいときや、お宮参りなどで活躍する上質なおくるみです。

 

こういったママたちに人気のアイテムを一か所でチェックするならベビーグッズのセレクトショップ『cuna select (クーナ・セレクト)』がおすすめ!ご紹介したすべてのブランドのおくるみが揃っていますし、他にも海外セレブが愛用するオシャレでこだわりのあるアイテムもたくさん(*^-^*)

 

冬場の寒い時期であれば、お昼寝用に使えるガーゼケットやブランケットも喜ばれますね。赤ちゃんを意識したデザインではなく、大人も使えるシンプルなものであれば、赤ちゃんが大きくなってからもママのひざ掛けとして長く使えますよ✨

KLIPPAN(クリッパン)のブランケットは可愛らしいデザインかつシンプルなものが多いので、ぜひチェックしてみてください👇

 

おもちゃ・歯固め

赤ちゃんが産まれたばかりだと、まだあまりオモチャを買っていないというご家庭も多いので、生後3ヶ月以降に使えそうなオモチャを贈るのもおすすめです。アイラブベビーは、おしゃれなだけでなく安全性にこだわったオモチャが揃っているので、出産祝い選びにぴったり✨オモチャの月齢もしっかり書かれているので選びやすいのも嬉しいですね。

アイラブベビーにはこんなオモチャがありますよ👇

つかみやすい形状で、ニギニギしたり投げたりと、赤ちゃんが大好きな遊びに対応。振ると音がなるというのも赤ちゃんが喜ぶポイントです。歯固めとしても使えます。

 

赤ちゃんのうちはぬいぐるみとして、少し大きくなってからはボウリングとして遊べるので長く使えるのが嬉しいオモチャ。ボールは音が鳴るので赤ちゃんが転がして遊ぶのにもぴったりです(*^-^*)

 

他にはないようなおしゃれな歯固めも✨ストラップが付いているので、赤ちゃんの服に留めておけばお出かけ中にうっかり落としてしまった…ということを防止できます。

 

他にも赤ちゃんが楽しめるオモチャがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください👇

 

プレイマット

寝て過ごすことが多い赤ちゃんが楽しめるプレイマットもおすすめのプレゼント。かなり良いお値段なので、プレイマットは買わなかったというご家庭も多いのでプレゼントとしてもらえると嬉しいものです。

ただし、場所を取る&1つあれば十分なアイテムなので、プレイマットをプレゼントするときは既に持っていないか?部屋の広さ的にプレイマットを置けるのか?は事前に確認しましょう。

 

 

オシャレなマットをえらべば子ども部屋以外でもラグマットとして使えます✨

 

お昼寝にも使えるせんべい座布団は、カバーの取り外しができるので清潔に保てます👇赤ちゃんを寝かせたまま座布団ごと抱っこできるサイズ感なので、とても使いやすくて人気(*^-^*)

 

素材やデザインにこだわったベビーグッズを探すならセレクトショップのcuna(クーナ)がおすすめですよ👇

 

 

フォトフレーム

予算5,000円以内で出産祝いを探している人におすすめなのが、フォトフレーム。~3,000円くらいでおしゃれなフォトフレームを贈ることができるので、ぜひチェックしてみてください。

 

ギフト券・カタログギフト

相手の趣味が分からない場合や、何を贈っていいか分からないときはギフト券カタログギフトがおすすめ。ギフト券で根強い人気なのが、JTBのギフト券。やはり使える店舗が多いというのが魅力的です。

最近ではネットで買い物をする人が多いことから、Amazonのギフト券も人気急上昇中。

 

贈り物だし、なるべく金額が分からないほうがいいな…

という場合におすすめなのがカタログギフト。カタログからほしいものを選んでもらうことができるので、誰かと贈り物がかぶるという心配がありません。最近では出産祝いに特化したカタログギフトもあるのでぜひチェックしてみてください。

おめでとSELECTIONは絵本やベビーグッズを中心にしたカタログギフトなので出産祝いにぴったりです✨

 

兄弟姉妹に贈るならバウンサーもあり

兄弟姉妹への出産祝いであれば、バウンサーなど少し高価なプレゼントもありです。ただし、高価かつ大きなものを贈る場合は、贈る相手の希望や購入予定をしっかりと聞いてからにしましょう

こちらのバウンサーは、成長に合わせてハイチェアとしても使え、大人用の椅子にもなる優れもの。

転倒防止のストッパーや、高さを調節するための工具をしまっておく場所など、座り心地以外にもこだわって作られた高機能な椅子です。

スクロールチェアを買うならセレクトショップのcuna(クーナ)

さいごに

いかがでしたでしょうか?ご紹介したアイテムは出産祝い選びの参考になりましたでしょうか?冒頭で紹介したように、もらっても使わなかった…ということもありますが、それは自分で購入したものでもそういったことがあるので仕方のないことだと割り切るのも大事💦

もらった方としては、出産を祝ってくれているという気持ちだけでも十分嬉しいことなので、あまり気にしすぎず贈る相手のことを考えてプレゼント選びをすればきっと気持ちは伝わるはずですよ(*^-^*)

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!