映画としては珍しいヨガをテーマにした『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』。演技力で定評のある門脇麦と道端ジェシカのW主演です。あまりメジャーではない映画ですが観たあとはほっこりと心が温まり、ヨガっていいな~という気持ちになります(*^-^*)ヨガを始めたばかりの人、ヨガに興味がある人、ヨガに興味はないけれど日常にちょっと疲れてしまった人にぜひ見てほしい映画です。

体感型ヨガムービー『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』

2014年に公開された映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』はそのキャッチコピー

ココロもカラダも元気になれるヒントがつまっている! 日本初、体感型ヨガ・ムービー!

のとおり観たあとにヨガをしたくなるような素敵な映画でした(*^-^*)

この映画を観ようと思ったきっかけは、自分が通っているホットヨガスタジオでこの映画のサントラが販売されていたからです。

私が通っているホットヨガスタジオLAVAの体験談はこちら

 

あまりヒットしなかった映画のため、某レビューサイトをチェックしてもレビュー件数が少なくて「微妙かもしれないな…」という思いもあったのですが、観始めてみるとついついその世界観に引き込まれて最後まで見切ってしまいました。

さすが、演技力に定評のある門脇麦主演というだけあります。屈託なくまっすぐに生きている主人公のみく(門脇麦)、その主人公に振り回されながらも少しずつ彼女と友情を築いていくヨガインストラクターKUMI(道端ジェシカ)の二人が成長していく姿や友情、ヨガの素敵さにうるっときてしまいます( ;∀;)

 

映画『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』のあらすじ

ネタバレしない程度にあらすじをご紹介します♪

門脇麦演じる主人公の海空(みく)は青森の田舎娘。都会での刺激的な生活を夢見て東京に出てきた海空ですが、やることなすこと上手くいかず…そんなとき、テレビで見かけたトップモデル兼ヨガインストラクターKUMIに憧れてヨガスクールに通い出します。憧れのKUMIに近づこうとストーカーのように付きまとう海空に最初は嫌悪感を抱くKUMIですが、屈託のない海空に心を許すようになり友情をはぐくみます。

ヨガのインストラクターでありながらも、私生活がうまくいかず少しずつ余裕をなくすKUMI。最初はKUMIにヨガを教えてもらっていたはずの海空がヨガの力でKUMIの心を癒します。

 

『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』を見られる動画配信サービスはこちら👇

※本ページの情報は2018年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

『シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸』で分かるヨガの魅力

呼吸の大切さ

ヨガではポーズをとることではなく、呼吸に意識を向けるようによく言われます。リラックス系のポーズの時には複式呼吸、体のバランスをとるバランス系やパワー系のポーズでは胸式呼吸を意識するのですが、それぞれ以下のような効果があります。

  • 腹式呼吸:副交感神経が優位になり、リラックスできる
  • 胸式呼吸:交感神経が優位になり、やる気を起こし活動的になれる

呼吸をすることの大切さ、忙しさのなかで見失いがちな心のゆとりに気づかせてくれる映画です(*^-^*)

 

自分を見つめて心の余裕を取り戻せる

私たちは日常でさまざまなストレスにさらされていて交感神経が優位にたつことが多いです。これは自律神経の乱れにつながり、だるさや頭痛、めまい、食欲の低下など体の不調にもつながることが分かっています。

交感神経が優位になるようなできごとを自分の力で減らすのは限界がありますが、呼吸をコントロールすることでそのバランスを整えることができるんです(*^-^*)

映画の中でも、ヨガインストラクターのKUMIがひどく落ち込んでヨガをしなくなる時期があるのですが、そのときの様子はだんだんと食欲も低下してよく眠れていない様子が描かれます。映画の中ではヨガを通して、忙しい生活のなかで自分自身を見失わないように気持ちをリセットするヒントがたくさん隠されています。

 

ヨガのポーズは呼吸をするためにある

ヨガ初心者の場合、呼吸法というのはヨガのポーズをとるために必要なことだと思いがちですが、実は深く呼吸をするためにヨガのポーズがあるんですよね。呼吸をコントロールするというのは意外と難しいもの。

ポーズをとることに集中しながら呼吸をすることで、呼吸への意識に集中することができるのです。難しいポーズの中でも呼吸をすることを忘れてはいけないのはそのため。映画のなかでは、ヨガをするうえで呼吸がいかに大事なことか改めて教えてくれます。

 

こんな人におすすめの映画

これからヨガを始めてみようかなという人

門脇麦さん演じる海空はヨガ初心者のため、最初はポーズの真似から入ります。ちょっと大げさな感じには見えますが、初心者のときは自分もあんな感じだったな~と懐かしい気持ちになりました(*^-^*)

周囲の人がきれいなポーズをしている中、自分が上手にできていないとやはり気になりますよね。ヨガの世界では他人と自分を比較しないことを大事にしますが、どうしても気になるという人はこの映画で初心者の姿を見れば安心するのではないでしょうか?

またヨガがどんなものかを体感できるので、興味を持ち始めた人にもおすすめです(^^)

 

ヨガをしているけど最近さぼり気味な人

ヨガを始めたはいいけど、最近やる気が起きないという人にもおすすめの映画。

一度サボり癖がついて長期間お休みするとなかなか元には戻らないですよね。そんな時にこういった映画を見ると、ヨガの魅力を再認識できて、やる気が湧いてきます。

 

ヨガはプロの域なのに自分を見つめられていない気がする人

劇中では道端ジェシカ演じるKUMIがヨガインストラクターとして、どん底にいる海空をヨガの力で引き上げてくれます。そんなヨガの素晴らしさを教えているKUMIですが、私生活がうまくいかないと自分を見失ってしまってヨガもせず、友達にもあたり、それはそれは凄いやさぐれぶりを見せています。

映画を観て、「プロのインストラクターも私たちと同じ人間なんだなー」と思いました(*^-^*)KUMIと同じようにヨガを教えている立場の人でも、最近うまくいかなくて自分を見失いがちの人にも観てほしい映画です。

 

心に余裕がない時こそヨガムービーでほっこりしよう

いかがでしたでしょうか?映画の最後には瞑想時間が設けられていて、すっきりとした気分で観おわることができます。瞑想前に流れる野外でのヨガ映像も素晴らしくて感動しました(*^-^*)このラストのシーンでものすごくヨガがしたい気分が盛り上がるので、ヨガに興味のある人、ヨガをしている人はぜひ観てみてください♪

Huluなら無料トライアルでシャンティデイズが観られる!

 

普段、映画やドラマのDVD・Blu-rayをよくレンタルするという人はU-NEXTもおすすめ👇

 

この記事が気に入ったらフォローしよう!

こちらの記事も人気!