スポンサーリンク

つまみ細工とは?

 

「つまみ細工」とは江戸時代から伝わる技法で、薄絹の「羽二重」を正方形に小さく切り、これを摘んで折りたたみ、組み合わせることによって花や鳥の文様をつくる東京都指定の伝統工芸です。和服に合う髪飾りなどが代表的で、 分かりやすいのは舞妓さんの簪(かんざし)で使われている技術ですね。

引用:東京・浅草橋 つまみ堂

最近では海外でも、うまみ細工が人気のようで「KANZASHI」と呼ばれています。七五三や、成人式で着物を着たときに「つまみ細工」のかんざしをつけたことがある人もいるのではないでしょうか?このつまみ細工ですが、海外でも人気がでたことで和風なものだけではなく海外風のデザインのものが出ています。

和小物として使うのもいいですが、海外風のデザインでオシャレなアクセサリーとして普段使いはもちろん、パーティー小物にも使えることで人気があります。
京都では、伝統工芸としてお試し体験ができるお店もあるくらい、意外と簡単なステップで作れてしまう「つまみ細工」。ちょっとした趣味として「つまみ細工」を自分でつくるのもいいですよね。大学の卒業式に仲の良い友達同士で交換したり、お孫さんやお子さんの七五三に手作りのかんざしをプレゼントするというのもオツです。

つまみ細工のサンプル集

どのようなつまみ細工があるのか、インスタグラムに投稿された素敵なつまみ細工をご紹介します。日本伝統の工芸ということもあり、和装に合わせる小物や髪飾りが多いですが、アレンジを加えてネックレスやイヤリングなど普段の装いに使えるアクセサリーを作っているかたもいますね。海外でもつまみ細工は人気で、洋風な花のアレンジで結婚式などのフォーマルな場に使えるようなゴージャスなものまであります。

着物に似合うつまみ細工

普段使いできるつまみ細工

#cloth_flower_accessories#つまみ細工 クロースフラワーアクセサリ • イヤリング

Katsufumi Enomotoさん(@katsufumi.enomoto)が投稿した写真 –

海外でも人気のつまみ細工!洋風アレンジも

#kanzashiflowers

raghibさん(@raghibaja)が投稿した写真 –

#cloth_flower_accessories#つまみ細工

Katsufumi Enomotoさん(@katsufumi.enomoto)が投稿した写真 –

つまみ細工の作り方

必要な道具はこれ!

  • 布(ちりめん)
  • ピンセット
  • ボンド or 接着材
  • 厚紙
  • はさみ or カッター
  • つまようじ

簡単!基本は3ステップ

出典:フェリシモ きれいに作れるコツが学べる つまみ細工 「はじめてさんのきほんのき」レッスンの会

「つまみ細工」の作り方は切って、つまんで、貼るの3ステップです。あとはデザインに応じて色やつまみ方を変えるという応用で、素敵なつまみ細工が出来上がります。縫物や編み物が苦手という人にも始めやすいですね。接着剤はつまようじに少量とって、つけるようにするときれいにできます。

つまみ細工の初心者でも大丈夫!フェリシモのつまみ細工キット

やってみたいけど、自分で材料の準備から、デザインを考えてるのはちょっと大変そうという人におすすめなのがフェリシモの「つまみ細工キット」です。初心者コースから、応用コースまであるので、すこしずつステップアップしていくのにいいですね。

 

基本をマスター。はじめてさんのきほんのきコース

つまみ細工の「剣つまみ」や「丸つまみ」など基本をマスターできるコースです。また、作ったつまみ細工をクリップにしたりキーホルダーにしたりと、基礎のコースながら使えるものが出来上がっていくので、楽しみながら基礎が身に付きます。
初心者の場合、柔らかい布を切るのが難しかしいので、柔らかい布を切る専用のカッターを使うとストレスなく進めることができます。

基本をマスターした初心者向け。初めてトライコース

基本ができて来たら、ちりめんだけではなく、シフォン生地などをつかってモダンなつまみ細工を作るコースがおすすめです。

ビギナー卒業コース

ある程度自分でも作れるようになってきて、初心者卒業という段階におすすめなのが、ネックレスやヘアクリップといったちょっと複雑なアクセサリーを作るコース。また和洋折衷コースでは世界の花々をちりめんのつまみ細工で表現するというのも面白いですね。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回ご紹介したフェリシモの「つまみ細工」のキットは他にもバリエーションがいくつかあるので、興味のある方は公式サイトでご確認ください。

FELISSIMO フェリシモ

スポンサーリンク