私は10代のころから疲れがたまると白髪が出てくる体質でしたが、ある程度回復すればいつの間にか白髪は消えていました。若白髪と言われるものですね。しかし、20代後半から、明らかに特定の部分から生える髪の毛が確実に白髪になってきました。そう、、、もう若白髪ではないのです。

スポンサーリンク

白髪があるだけで老けて見えるという事実

年を取っているのですから、白髪が出てくるのは当然のことです。しかし、まだ20代の余韻を引きずるアラサーにとっては、なんとも受け入れがたい事実であります。アンチエイジングに時間をかけて、お肌を若く保とうとしても髪の毛に白いものが混ざっていることで老けて見えてしまいますよね。

顔の見た目年齢と髪の見た目年齢のバランスが難しいところです。

ある程度年をとり、顔のしわもたるみも受け入れるころには白髪も気にならなくなるものでしょうか?いや、きっとそんなことはないですよね。女はいつまでも女であり続けようとするもの。私の母ももうすぐ還暦を迎えますが、しっかりと白髪染めはしています。

白髪を染めると髪のダメージが気になる年齢

白髪が気になる年齢というのは、だんだんと髪の毛自体の若さもなくなりダメージを受けやすくなっているため、安易に白髪染めを繰り返しているとハリ・コシのない傷んだ髪の毛になってしまい、余計に老けて見える原因を生み出してしまいます。

やはり電車などで見かける10代~20代前半の女性は髪の毛も艶やかで若々しさが感じられますよね。

白髪は気になるけど、染めたときのダメージが気になる…そんなジレンマを抱えた私たちはどうしたらよいのでしょうか?

白髪を見つけた時だけのケアではなく、日ごろからのケアが重要

まずは、一度白髪になってしまった髪の毛をもとの黒髪に戻すということは難しいことです。どのような白髪ケアの製品も、白髪をもとに戻すと謳ってはいないのではないでしょうか?少なくとも、私がリサーチした結果、そのような素晴らしい製品は見つけることができませんでした。

一度できてしまった白髪を、ダメージをなるべく与えずケアするには安易に染めることを繰り返すのではなく、毎日のヘアケアにうまく取り入れることが大事だと考えています。

無添加の白髪染めカラートリートメント

ヘアカラーではなく、ヘアカラーとトリートメントのいいところを併せ持ったカラートリートメントというものがあるのをご存知でしょうか?




白髪染めで気になるのは、やはり髪や頭皮に与えるダメージです。染めた後の髪の毛の痛みや、ゴワゴワだけでなく、日々蓄積したダメージがより一層と頭皮や髪の毛を老けさせる原因となってしまいます。いつかは白髪だらけのおばあちゃんになる未来が待っているとしても、なるべく先延ばししたいのが女ごころですよね。
このカラートリートメントは、素手で使えるものなので、手軽にできてしまうのがおすすめポイントです。白髪染めで気になるのは、染めてもすぐに根元の部分だけ元に戻ってしまうということですが、自宅で、手軽にできるということは放置することなく、生え際だけピンポイントで染められるのが続けられる点かもしれません。

白髪ができない健康な頭皮に導く



白髪が気になりだすとのと時を同じくして気になるのが抜け毛です。だんだんと髪の毛にボリュームが無くなってきた…と感じ始めたと思ったら、髪の毛を洗う度に手に絡まり抜けていく髪の毛に愕然とする人もいるのではないでしょうか?haruのシャンプーはそういった、年齢を重ねた女性の頭皮を若々しく保つための成分が配合されていることが特徴です。
ヘアケアのプロが専任で監修しているということも安心できる点ですね。
オールインワンシャンプーということで、リンス不要です。実際に使ってみた感想ですが、本当にリンスなしでも髪がごわつくことはありませんでした。ただ、冬の乾燥する時期は摩擦やドライヤーによるダメージが普段より気になるので、タオルドライした後に、流さないトリートメントやオイルでケアしておくとさらに安心ですね。

さいごに

こういったケアと隣り合わせなのが、コストパフォーマンスの問題です。こういった女性の悩みを解決してくれるグッズは値がはるケースが多いというのが悩みどころ。
しかし、今回ご紹介した商品はどちらもものすごく高い!というわけではなく、最近のドラッグストアで売られているようなノンシリコンを売りにしているシャンプーなどとほぼ同程度の金額で買えるものです。
お財布にも、髪にも優しいというのはとても嬉しいですよね。

どちらも、初回限定で少しお安くなるので、まずは一度お試ししてみてください。
しっかり染まって頭皮と髪に栄養【髪萌ヘアカラートリートメント HATSUMOE】
抜け毛・白髪をこれ一本でケア。haru黒髪スカルプ・プロ

スポンサーリンク