新年早々、不倫の話題などが多くてちょっと暗〜い感じでしたが、北川景子さんとDAIGOさんの、結婚発表で一気に明るい感じになりました。

これまで色々な共演者との噂もあり、北川景子さんは好きな女優さんではありましたが、異性関係ではあまり良いイメージはなかったのですが。。。今回の結婚発表でそのイメージも払しょくされ、私のなかでは好感度大の女優さんとなりました。有名人ですから、少し異性と交流を持つと話題になるためそのようなイメージがを持ってしまったのですが、よくよく考えれば一般女性の場合、ちょっと良いなと思った男性とご飯にいったり、自宅で飲み会をしたり、買い物に付き合ってもらったり…よくあることですよね。

さて、そんな北川景子さんとDAIGOさんの結婚記者会見がとても微笑ましく、観ていて夫婦の関係性について考えさせられました。

スポンサーリンク

北川景子さんの愛されポイント

家事は男性に任せない!意外と古風な考え方の持ち主

会見で、「家事は?」という質問に対して、「古い考え方かとは思いますが、あまりそういったことを男性の方にさせたくないので。」というような回答をしていた北川景子さん。お仕事もしているのに素晴らしい!文章にしてみると、ちょと嫌味な感じに見えるかたもいるかもしれませんが、その辺は実際の会見の様子を見ていただきたいです。

我が家では、やってくれない主人によく怒号が飛びますが…きっとそんなことはしないで、旦那さんが家事を手伝ってくれたら自然に「ありがとう」と旦那を上げて、上手にやっていく方なんだな~と感じました。

男性の仕事を認めて、尊敬の気持ちを相手に伝える良き理解者

――結婚の決め手は?

DAIGO「正直、お付き合いする時から結婚を前提というか、それぐらい真剣な思いで付き合っていた。とにかくすてきな女性だし、きれいで、楽しくて、何よりも僕の音楽も大好きですし、僕のギャグに誰よりも大笑いしてくれる。すごく自信になるんです。僕にとってはもったいないくらいパーフェクト。決め手が多すぎて、1つずつ言っていたらそれこそ24時間かかっちゃうので、これくらいにしておきます(笑)」

会見でDAIGOさんが挙げた、北川景子さんの好きなポイントからわかるようにパートナーが自分の仕事を理解し、応援してくれることで仕事にも自信が持てますよね。自分が落ち込んでいるときに、自信を持たせてくれる奥さんがいるということは、心強いですし、男性が仕事で成功するためにはそういった奥さんの力が不可欠かもしれません。うちは、私が自分の仕事で精いっぱいで旦那のサポートをできていないから、出世しないのかな…?なんて。

すねた気持ちも可愛く言えるその女子力

DAIGO「ビビッとくるところはすごくポイントが多いんですけど…。本当に景子ちゃんが作るごはんがおいしくて、料理の味付けがピンポイントでドンズバで最高。いっぱい作ってくれたけど、強いて言うならローストビーフとか凝った味付けにしてくれて、カレーとか本当においしい。挙げたらキリがない」

北川「もっと難しそうなの言ってほしかった…(すねた様子で)。もっといろいろ(凝った料理)やってます」

なんだか本当に見ていて微笑ましくなるシーンでした。私は結構人前で取り繕うタイプなので、旦那が知人の前で同じようなことを言ったら、その場では話を合わせておいて、帰ったら「なにあれ?!もうちょっと他にもつくってるでしょ!」みたいな…きつくて、可愛げのない感じですね。

人前でも、そういう風に言える二人の関係性というか、信頼というかがいいですよね。

DAIGOさんの頼れるポイント

そんなにジェントルマンだったの?!エスコートのさりげなさ

そもそもDAIGOさんにこれまであまり興味がなかったので、いつも適当な感じの「ウィッシュ」な人だよね?くらいのイメージだったのですが、会見の場に現れたときに、すごく自然にエスコートをしていて驚きました。

あんなふうに女性を気遣うことって結構難しいと思うんですよね(単に私の周りにそういう人が少ないだけ?!)。うちの旦那も普段ですらそんなこと気を使わないので、自分も緊張している場できちんとエスコートしてくれる男性というのは女性から見てとても安心感があると思います。

緊張をほぐす、その会話力の高さ

記者会見という場で、DAIGOさんも北川景子さんもとても緊張したというお話ですよね。たしかに最初のほうはピリッとした緊張感のもと会見が始まりましたが、記者の方からの質問を受けて答えるときに、笑いを誘う会話力の高さ。緊張していても笑わせてくれることで、いつものように話しがしやすくなりますよね。

私は緊張しいで、一度緊張してしまうとカチンコチンにんってしまうので、そういった場をかる~く和やかにしてしまう人って本当にすごいと感じます。ダジャレとかって、言おうと思うと結構難しいんですよね。「おやじギャグ寒~」とか馬鹿にできません。会話の中に盛り込もうとするとかなり大変。特にDAIGOさんお得意のアルファベットで短縮するのとかも頭使いますよね。

いざというときの頼れる決断力

――夫婦の主導権は?

DAIGO「奥さんじゃないですかね。いい意味で」

北川「家の中のこととかはそうですね。肝心なことは結婚とかはDAIGOさんがバシッと決断してくださるんですけど、全体的には私がコントロールしているというか、そう思います」

この回答にあるとおり、肝心なことは男性に決断してもらうほうが安心感がありますよね。いざというときに頼れるというのは重要です。普段のことについては口をはさまず、奥さんの自由にさせておいてあげる心の広さはもちろん、大きな決断というのは責任も伴いますから、そういったことを奥さんにさせるのではなく、旦那さんが積極的に決断してくれるというのは、とてもいいですよね。

新婚のお二人に学ぶ夫婦の関係

なんといっても、会見中の二人のやり取りにそれぞれを尊敬し思いやる気持ちが見えて、とても羨ましくなってしまいました。

お二人の関係性を羨ましく思ったのですが、よくよく考えてみれば私たち夫婦もそんなときがあったのかもしれません。最近ではお互いにいるのが当たり前になりすぎて、相手を思いやる気持ちがかけてしまっていたのかな~と少し反省しました。

きっと自分ができていないこと(北川景子さんの愛さポイント)と、主人にもっと頼りたいという私の願望がそう思わせたのかもしれません。

お二人には、今のお互いを思いやる気持ちを忘れず幸せな家庭を築いてほしいと思います♡私ももう少し頑張ろう!

スポンサーリンク