20代も後半にさしかかると、今後のキャリアについて悩む女性も多いのではないでしょうか?私も現在進行形で悩み中です。

女性にとっての30代は出産や育児といったライフイベントが仕事にも影響を与える時期になります。もし転職してすぐに出産ということになったら…などと考えると、

転職するなら今のうちか?

それとも今の会社に骨をうずめるか?

色々なキャリアの可能性を否が応でも考えてしまうのではないでしょうか?

スポンサーリンク

働く女性28歳からの仕事のルール

リンク先:楽天Kobo(電子書籍)

私が、キャリアについてモヤモヤと悩んでいるときに目に付いたのがこの本です。

  • タイトル:働く女性28歳からの仕事のルール
  • 著者:田島弓子
  • 出版社:すばる舎

先の見えない「モヤモヤ」を「ワクワク」へ

書籍の帯に書かれている内容をご紹介しますと、

  • プロローグ 「このままでいいのかな?」と悩むあなたへ
    • ずっと働いてきたからこそ出てくる「不安」や「焦り」
  • PART① 私たちの「キャリアのリアル」を知ろう
    • キャリアは「つくる」のではなく「つくられる」もの
  • PART② 一人前のビジネスウーマンになる!6つの具体策
    • 仕事は「なにを」やるかではなく「どう」やるか
  • PART③ 日常のストレスに負けない!メンタルマネジメント術
    • 「心」の状態が上がると「行動」の質も上がる
  • PART④ 自分スタイルでいい!女性は次世代のマネージャー向き
    • 必要なのは「リーダーシップ」ではなく「マネージャーシップ」
  • エピローグ 幸せに働こう!仕事は幸せな人生の1ピース
    • 「ワークライフバランス」とは「心のバランス」のこと

といった内容となっています。

なんといってもお勧めなのが、PART①の著者自身のキャリアを検証例に、その時々の悩みや心境、決意したこと、苦労した時期のことを「キャリアが作られるメカニズム」として書いている部分です。そういった著者自身の経験が書かれているからこそ、リアルな言葉として説得力を持っています。

ロールモデルがいないは本当?

私が転職を決意したのは、前の会社での先行きの見えなさからでした。何が不安だったかというと、育休明けで復帰した後、数か月で仕事は忙しくなり、残業・休日出勤の連続。子どもとの時間がなかなか取れずに、私はいったい何のために働いているんだろう?という思いでいっぱいになったからです。

なにせ、子育てしながら働いている女性社員は私一人だったので、ロールモデルになる先輩社員がいなかったのです。

子どものお迎えがあるから、お客さんとの接待には参加できない…でも、男性の先輩は結婚して、子どもがいても普通に参加している。これから先、どうやっていけばいいんだ?という悩みは誰にも相談できませんでした。

だから、もっと女性社員が多い会社に転職すればいいと思って私は転職を決意しました。

転職して気づいたのは、ロールモデルなんてものはないということ。同じ女性社員でも、人それぞれ。自分が何をやりたいか、自分が今後どうしていきたいかによって悩みも、対策も違ってくる

きっと男性もそれは一緒ですよね。昇進したい人、昇進はせずに縁の下の力持ちになりたい人、起業したい人などなど。

そういったロールモデルなんてものは人によって、時代によって変わってくる。いなくて当然ということに気づかせてくれたのが本書です。

育児中ではなくても、今後、結婚・出産を見据えている女性にとっては知っておきたい考え方だと思います。

昇進を素直に喜べない女性

転職してからも、私のモヤモヤはなくなりませんでした。今度は、上司の期待が大きくのしかかってきたからです。

「育児しながらでも、部長職を目指してほしい」という将来を見据えた話をされたとき、

私のことを評価してくれている。嬉しい!

とは素直に思えませんでした。

なんといっても、上司たちはとても素晴らしくできる人ばかりで、いくら頑張っても私がそこまでできるようになるとは思えなかったのです。周りの評価と自分の評価のギャップに悩みました。

皆さんは昇進を素直に喜べますか?そういった話があった場合、その場で「はい、やります!」と力強く答えられますか?

私はきっと、少し考えさせて下さい。と言ってしまいそうな気がします。

なぜ、すぐに「やりたい」と言えないのか?

では、いつなら?どこまでできるようになったら昇進を受け入れられる?

本書では、そういった悩みにも焦点があてられています。

現在進行形で昇進を打診されて悩んでいる女性、そろそろ昇進する時期だけどなんだか自信も持てないし、この先が見えなくてモヤモヤしている女性は一読の価値ありの本だと思います。
【楽天ブックスならいつでも送料無料】働く女性28歳からのルール [ 田島弓子 ]

モヤモヤするのは当たり前

著者も本書の中で書いていますが、モヤモヤと悩むのは当然です。私も、転職したらこういった悩みとはさよならできると思っていました。

でも、キャリアというものは続いていくものです。その時々で悩みは出てくるのは当然ですよね。

そういった悩みと向き合っていくための、女性に向けたキャリアのお話が本書には書かれています。

著者自身もいまだモヤモヤの真っ最中だそうです。こんな本を書くような人でも悩むんですね。

もしも今の会社でいいのか迷いがあるなら・・・

ずっとモヤモヤした状態で、悩み続けているなら、一度転職活動をしてみるというのも一つの選択肢です。転職活動をしてみると、色々なものが見えてきます。

  • 自分の市場価値
  • 今の会社の良いところ、悪いところ
  • 今後のキャリアプラン

一旦、転職するつもりで他の会社を調べることで、実は今の会社の条件はすごく良かったなんてことに気付いたりもします。
迷ってばかりで中々糸口が見えないときは、行動してみると見方が変わるものです。

転職サイトを利用するときは、転職エージェントに登録すると、自分では気づけないことをアドバイスしてもらえるのでお勧めです。

今は、働く女性専用のサイトや、女性の転職に詳しい女性コンサルタントがいるところもあるので、上手に活用しましょう。


womanwill

スポンサーリンク