先日もご紹介したオキシクリーン!インスタグラムなどのSNSでも話題沸騰中なのですが、皆さんコストコでの購入を推してますよね。「やっぱり、コストコで買ったほうがいいのかな?」と思っているあなたに、今回はコストコ推しが多い理由と、コストコ以外で買うメリットをご紹介します

コストコが安いけれど行けない人も多い

オキシクリーンといえばコストコ」というのが浸透しているのは、やはりその安さにあります。コストコで売っているオキシクリーンはアメリカ製の4.98kgのタイプなのですが、その値段は1,598円。

これがどれだけ安いかというと、同じタイプのものが公式HPでは2.27kgが3,150円。半分の量なのですが、値段はコストコの倍。

 

もう、これはコストコで買うしかない!と思ってしまいますが、オキシクリーンの洗浄力はインスタでも話題になるほど素晴らしいので、みんなが注目する人気商品。それが破格の値段で買えるのだから、コストコのオキシクリーンは売り切れになっていることが多いんです。

それに、オキシクリーンを買いたい人みんながみんなコストコ会員というわけではないですよね。オキシクリーンだけのために年会費4,400円を払ってコストコ会員になろう!という人は少数派のはず。

我が家のように、

  • 車を持ってない
  • 一番近いコストコでも電車で1時間以上
  • 子どもがまだ小さい

という家庭の場合、そこまでしてコストコの会員になるのはためらわれます。

 

それでも、オキシクリーン使ってみたい!と言う気持ちを抑えきれなかった私は、コストコより割高なのは承知でコストコ以外のオキシクリーンを購入してみたのです。

1回お試しできればいいかな?くらいに思っていたのですが・・・

もう、手放せません!

詳細はこちら↓

 

ということで、オキシクリーンに興味はあるけど「コストコじゃないと安くないんでしょ?」と購入に踏み切れない人には、ぜひ一度お試ししてみてほしい!

 

オキシクリーンはどこで買える?

オキシクリーンをコストコ以外で買うなら、

  • Amazon
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング
  • lohaco

など、主なネット通販で取り扱っています。以前は公式HPよりAmazonの方が安いという情報もありましたが、確認してみると、基本は同じ価格

 

――じゃあ、Amazonや楽天でいいじゃない!

と思ってしまいますが、日本正規販売代理店ならではの魅力が公式HPにはあるんです

 

公式HPで買うメリット3つ

1、公式HPならでは!選べる種類

Amazonや楽天で検索すると、出てくるオキシクリーンの種類は

  1. アメリカ製オキシクリーン
  2. 日本オリジナルオキシクリーン
  3. 日本オリジナルオキシクリーン コンパクトサイズ
  4. 日本オリジナルオキシクリーン マックスフォーススプレー
  5. 日本オリジナルオキシクリーン マックスフォースジェルスティック

の5種類。

対して公式HPでの取り扱いは、上記の5つにプラスして

  1. アメリカ製オキシクリーン デオドラントパワー(消臭成分入り)
  2. アメリカ製オキシクリーン ベイビー(界面活性剤不使用)

という、Amazonなどではみかけないアメリカ製の製品が購入できるようになっています。これは公式HPだけでしか取り扱いがない限定品

(限定品と聞くとソワソワしてしまうのは私だけ?ミーハーすぎ?)

デオドラントパワーはその名の通り消臭成分がプラスされているので、汗のニオイや加齢臭が気になる…という場合におすすめ。ベイビーは界面活性剤不使用&無香料で赤ちゃんの衣服の汚れや臭いに特化した成分になっているのだとか。

この2種類は公式HPでしか買えないので要チェックです。

2、自宅にいながら買えるので忙しい人にぴったり

ネット通販の魅力は自宅にいながら買えるということ。コストコのオキシクリーンはかなり安いですが、自宅から遠い場合、そこまでの交通費労力もかかりますよね。

特に子どもが小さいうちは、なかなか大型店でゆっくり買い物というのも難しいので、無くなったタイミングでささっと注文できるほうが「節約」よりも大事なポイントになります。

3、3,000円以上の購入で送料無料

公式HPでは、3,000円以上で送料無料なのですが、3,000円に満たない商品でも「送料無料」の場合もあるので、他のネット通販を使うより安く済む場合がありますよ

Amazonのプライム会員の人は送料を気にする必要はありませんが、会員ではないという人は公式HPがおすすめ。

 

 

オキシクリーンがあれば家の中がピカピカ

オキシクリーンの効果

公式HPで紹介されているように、オキシクリーンは洗濯だけでなく、お掃除や食器に蓄積した汚れ落とし、洗濯槽クリーナーとしても使えるすぐれもの。

それぞれに合わせた洗剤をそろえると、収納場所や管理がとても大変なので、オキシクリーン一つで済むというのは便利

みなさんも、ぜひオキシクリーンで家の中をピカピカにしてしまいましょう!

タオルの漂白で検証!オキシクリーンの効果がSNSで話題になる理由がここに

 

今回は公式HPの魅力を中心にお伝えしましたが、アメリカ製の大容量(4.98kg)タイプは公式で取り扱いが無いので、大容量タイプをお求めの人は、Amazonや楽天で探してみましょう。