毎日洗濯していても、なんだかタオルが臭うときってありますよね。白いタオルだと、なんだか薄っすらとピンク色になっていたり…「これは買い替えるしかないかな?」と思っている人はちょっと待ってください!洗濯のときにひと手間かけるだけで、臭いもピンク汚れも解消できる方法があるんです。

スポンサーリンク

臭いとピンク汚れの正体は雑菌

 

タオルの臭いピンク汚れの原因

 

洗っても発生するタオルの嫌な臭いや、ピンク色の汚れは雑菌によるもの。

この雑菌、湿った状態で放置すると繁殖するんです。タオルって、使ってすぐに洗うわけではないので、使用後の湿った状態から洗濯までの時間が空くことで、どうしても雑菌が発生することに…しかも冷たい水だと落としきれないというのが曲者

 

毎日洗っているのに、なんでキレイにならないんだろう…

 

って思いますよね。

 

この雑菌を取り除くのに有効とされるのが以下の方法です。

雑菌対策
  • 酸素系漂白剤とお湯で浸け置き
  • 鍋での煮洗い

 

タオルの臭いやピンク汚れの元である雑菌は熱に弱いので、煮洗いすると良いのですが、家族が多いとタオルの量も多いので、煮洗いするのも大変。

ということで、手軽にできる酸素系漂白剤とお湯を使った浸け置きが断然おすすめなんです

オキシクリーン×お湯のつけ置きが効果絶大

 

オキシクリーンでつけ置き

 

先ほども言ったとおり、雑菌は熱に弱いんです。だから、40~50℃のお湯を使って浸け置きするのが効果的。タオルは、体を拭くものなので、皮脂など体から出る老廃物も付着するのですが、これもまた冷たい水だと落ちにくい。

皮脂は雑菌のエサになるので、洗濯後にも雑菌が発生して生乾きの臭いを発生させたり、次に使ったときに雑菌が発生しやすくなるんです。

で、この皮脂(油分、タンパク質)というのは酸性の汚れなので、アルカリ性の洗剤や漂白剤が効果的

塩素系漂白剤もアルカリ性なのですが、色柄ものには使えないので、白物、色物の両方に使える酸素系漂白剤(粉末)がおすすめです。

 

なかでも我が家が愛用している「オキシクリーン(OXI CLEAN)」はSNSでも話題沸騰中の酸素系漂白剤(粉末)なんです。

オキシクリーン

これが我が家のオキシクリーン。シールをはがすのに失敗して蓋に書いてあるオキシクリーンの文字が消えていますが…

界面活性剤不使用かつ塩素不使用なので、環境にも優しいと話題になっています。

 

オキシクリーン×お湯

 

の浸け置きは本当に驚くほどの効果があってクセになるので、「浸け置きなんて面倒…」なんて思わないほどなんですよ。

 

どのくらいキレイになるか手順とともに公開

浸け置きアリ VS 浸け置きナシ

「実際に浸け置きするとどのくらいの効果があるの?」という人のために、どのくらいの効果があるか、まずお見せしましょう。

浸け置きアリナシ比較

 

上のタオルが浸け置きをして洗濯したもの。下が浸け置きナシのもの。

写真だと少し分かりづらいですが、下のタオルは若干ピンクがかっているのが分かりますか?これが雑菌によるピンク汚れです。

 

オキシクリーンでタオルの臭いとピンク汚れを解消する手順

浸け置きの手順は以下のとおり。

浸け置きの手順
  1. 40度~50度のお湯をためる
  2. オキシクリーンを分量に従って1杯投入
  3. タオルを浸ける
  4. 我が家では1時間ほど放置
  5. そのまま洗濯機に移して洗濯

オキシクリーンのパッケージには10~30分の浸け置きでOKと記載されていますが、我が家の場合は浸け置きしている間に他の衣類を洗濯するので1時間ほど放置しています。

この辺は、自分で試して調整するといいですね。

では、順を追って写真付きで浸け置きのポイントを見ていきましょう。

 

40~50℃のお湯をためる

 

まず、40~50℃のお湯をためます。我が家では、給湯温度を50℃に設定しているので一番熱いお湯を出せばちょうどいい温度になります。

ポイント

水ではなく40~50℃のお湯を使いましょう。水をためてからヤカンで沸騰させたお湯を入れてちょうどいい温度にしてもOK。

 

オキシクリーンを投入

 

お湯がたまったら、オキシクリーンを投入します。

 

ブクブクと気泡がでます

 

オキシクリーンを入れるとブクブクとちいさな気泡が発生します。とくに悪影響はありません。ちなみに、私はこの泡を見るのが大好き♡・・・って、どうでもいいか。

 

漂白するタオルを浸ける

オキシクリーンを投入したらタオルを浸けます。

ポイント

ゴム手袋を付けるなどして、素手で触らないようにしましょう!これは塩素系漂白剤と一緒です。

 

ここから、1時間ほど放置します(10~30分ほどでもOK)。

 

浸けてすぐのBeforeと、1時間経過したAfterの写真を並べてみました。全体的に白くなっているのがこの時点で分かります。

 

 

そのまま洗濯機へ

浸け置きが完了したら、そのまま洗濯機に移して、あとはいつも通り洗うだけです。

我が家ではタオルを洗う時に毎回浸け置きするわけではなく、2週間に1回ほどの頻度で浸け置きしています。

 

タオルだけじゃなく洗面台もピカピカに

オキシクリーンで洗面台もピカピカ

ちなみに、オキシクリーンで浸け置きすると、タオルがキレイになるだけじゃなく、洗面台の汚れもおちてピカピカになります。

これ、一生懸命掃除したわけではなく、オキシクリーンでタオルを浸け置きして流しただけ

オキシクリーンは皮脂汚れに強いので、こんな相乗効果があるんです。写真を取り忘れたのですが、浸け置きする前は薄っすらと茶色い皮脂垢が付いていました・・・

他にもいろいろ使えるオキシクリーン

 

オキシクリーンの使い道

 

浸け置きのついでに洗面台がキレイになったことでも分かる通り、浴槽にお湯をはって浸け置きしたり、シンクで同じことをすれば、ピカピカになります。

単に、シンクや浴槽だけのためにやるのは勿体ないので、一緒にまな板を浸けたり茶渋の気になるコップを浸けたり、お風呂ならバスグッズを浸けたりして、いろんなものをキレイにしてしまいましょう!

他にも、洗濯槽クリーナーとしても使えるので、オキシクリーン1つでいろいろカバーできちゃいます。もちろん、衣類のしみ抜き・漂白など普段使いにも!

清潔なタオルで気分爽快

臭いとピンク汚れが解消されたタオル

ということで、浸け置きして真っ白になった我が家のタオルです。

我が家のタオルはすでに買ってから2年ほど経過していますが、臭い知らずの汚れ知らず。それもオキシクリーンのおかげです。皆さんも、捨てようかな…と思うその前に、オキシクリーンの浸け置きを試してみてください。

 

2年経ってもふかふかの我が家のタオルはこちら↓

スポンサーリンク