これは、頑固者の夫アーサーと、その愛する妻マリオンを中心にしたお話です。作中で妻マリオンによって歌われる「True Colors」。それは、勇気を出して人と関わるということができないでいる夫へのメッセージ。

「私にはあなたの本当の色が見える。本当の色が輝いてる。だからあなたが好き。怖がらないで本当の色を見せて」

息子とも、妻マリオンの合唱団の仲間ともギクシャクするアーサーですが、妻だけは夫の本当の良さ(色)を分かっている。そういうメッセージが込められています。アーサーの本当の良さ(色)は、妻以外にも理解してもらうことができるのでしょうか。妻のガン再発をきっかけに、アーサーが大切な人のために、そして自分のために人生の新しいスタートを切ります。

 2012年、トロント国際映画祭。クロージング作品の上映終了後、会場は涙と笑顔で溢れていたー。

引用元:映画「アンコール!!」公式サイト

スポンサーリンク

妻に贈るラブソング。一緒に過ごした夫婦だからこそ分かる「True Colors」

管理人から、おすすめポイント

アーサーの不器用さをテレンス・スタンプが見事に演じています。本来は寂しがりやで優しくて、でも不器用なため、アーサーの良さはなかなか周囲に伝わりません。まさに頑固おやじそのものといった感じ。

子どもから見たら、一切褒めてくれず、笑顔すら浮かべないアーサーのような父親は近寄りがたい存在です。むしろ愛してくれていないんじゃないか?そんな風に感じさせる接し方しかできないアーサーと息子の間には大人になってからもどこかぎこちない空気が流れます。。

アーサーからしたら本当は愛しているのに、その伝え方が分からない。だから無口になる。話をしても酷い言い方しかできない。

お互いに思いあっているはずなのに、ちょっとしたボタンの掛け違いでおこる家族の問題が描かれます。

この映画のいいところはテレンス・スタンプ演じるアーサーが息子や周囲の人とどう接していいか分からないため、いつもどこか居心地悪そうにしている様子や、妻への愛などが言葉なくしても観ているものの想像を膨らませる描写となっているところです。はっきりと言葉では語られないそれぞれの想いは観る人それぞれで微妙に感じ方が違うのではないでしょうか。

ベタな話といえばベタですが、だからこそ自分の日常と重ねてそれぞれの思いに寄り添うことができる作品といます。

周囲と協調できない夫、妻の病気、息子との関係のこじれなど、重い内容ですが、個性的な合唱団「年金ズ」のロックでポップな歌が笑いをプラスして元気が出る内容となっています。劇中で歌われる「Let’s Talk About Sex(セックスについて話をしましょう)」の歌詞も、色々な経験をしてきたおじいちゃんやおばあちゃんが歌っているからこその意味の深さを感じます。

大事な場面で歌われる歌の歌詞が、映画の内容をより一層と輝かせ、心温まるストーリーとなっています。

作品情報

  • 原題:Song for Marion
  • 製作国:イギリス(2012年)
  • 日本劇場公開:2013年
  • 収録時間:94分

予告編をどうぞ

(C) Steel Mill (Marion Distribution) Limited 2012 All Rights Reserved.

主要キャストの関連映画

テレンス・スタンプ :アーサー

  • ウォンテッド
  • ホーンテッドマンション

バネッサ・レッドグレーブ :マリオン

  • ジュリエットからの手紙
  • いつか眠りにつく前に

ジェマ・アータートン :エリザベス

  • ヘンゼル&グレーテル
  • プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

スポンサーリンク