洗顔というのは生活の中で肌に付着した埃による汚れや、余分な皮脂を取り除くことが目的です。これを放っておくとお肌のターンオーバーが乱され肌荒れにつながります。

そのため私たちは日ごろからお化粧を落として洗顔をしてということを日常的にやっていますよね。

この洗顔に洗顔用の石けんを使うのがいいという情報、みなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか?ではなぜ、洗顔石けんがいいのか実際に私が使った洗顔石けんの感想も含めご紹介していきます。

洗顔石鹸がおすすめの理由3つ

余分なものだけ落としてくれる

世の中に出回っている、洗顔フォームやシャンプー、化粧品には界面活性剤が含まれています。界面活性剤ときくと、あまり肌によくないという印象を受けるひとも多いのではないでしょうか?この界面活性剤の力により洗浄するものというのは、お肌の汚れや皮脂を必要以上に取りすぎてしまうと言われています。

対して、界面活性剤がふくまれていない天然成分の洗顔石けん(※)は汚れや皮脂を落としすぎず、余分なものだけお肌から取り除くことができるという効果が期待できるんです。

※洗顔石けんにも界面活性剤が含まれるものもありますので使うときは天然成分であることを確認しましょう。

保湿成分など余分なものがふくまれない

最近では洗顔フォームにも保湿成分などが含まれているものが多いですが、洗顔のあとの保湿に使う化粧品の効果を高めるなら、洗顔のときにはなるべく余計な成分は入っていないほうがいいですよね。洗顔フォームに比べ洗顔石けんのほうが、保湿成分など余分なものが含まれず定評のあるものが多いのでおすすめです。ただし、洗顔石けんにも保湿成分が含まれているものは存在するので、そこは購入時に確認するようにしましょう。

アルカリ性のため肌本来の強さを育む

テレビのCMなどでも耳にする「お肌と同じ弱酸性だから~」という言葉ですが、確かにお肌と同じphのものはお肌に優しいというのは事実です。しかしながら、弱酸性のものばかり使っていると、お肌本来の自ら弱酸性に保つ力が弱まってしまうといのです。。。

そのためアルカリ性よりの洗顔石けんは、洗顔後にお肌が一度アルカリ性に傾きますが、そこから自らの力で肌本来のph(弱酸性)に戻ろうとする力をはぐくむとも言えるんですね。

こんな時は注意!

毛穴の汚れをすっきり落としてくれる洗顔石けんですが、やはり人によってはお肌に合わないという場合もあります。洗顔後の肌のつっぱりが酷い、お肌がピリピリとしてかゆみを感じるなどがあれば、使用を中止しましょう。

”いつかの石けん”を実際に使ってみた感想

”いつかの石けん”って?

「いつかの石けん」はメディアでも話題の石けんで、なんとシミを薄くする効果が臨床試験でも立証されている石けんなんです。その効果の理由は「いつかの石けん」に含まれているシミ対策の酵素プロテアーゼ!このプロテアーゼの働きで、紫外線によるシミやメラニン量を減らす効果が期待できます。

”いつかの石けん”を使ってみた!!

実際にメディアでの話題を受け、私も使ってみました!これまで泡立ちのいい洗顔フォームを使っていたので、石けんでの泡立てが不安でしたが、泡立ちもよく、ふわふわの泡ができました。泡立てた泡でいつものように顔を洗い、洗い流そうとすると。。。洗い流しながら手に触れるお肌がツルツルしていることにびっくりです。そういえば、毛穴の汚れもよくとれるとレビューにあった気がします。

そして、更に驚いたのは、洗い流して鏡をのぞくと、お肌がワントーン明るくなっているではないですか!私は乾燥肌ではないので洗顔後のつっぱりもなく、とてもさっぱりした使い心地で、すっかり虜になってしまいました♡

”いつかの石けん”はレビュー評価も高い!

さいごに

@cosmeのレビュー評価も高いですが、一部の乾燥肌の人などはつっぱりすぎて合わないという感想も。。。とにかく、お肌がワントーン明るくなったこの感激をお伝えしたくて、記事にしてみました!興味のある方はドラッグストアなどでもお求めいただけるので、お試ししてみてください。